1. KONOYUBITOMARE歌詞

「KONOYUBITOMARE」の歌詞 LAST ALLIANCE

2006/12/6 リリース
作詞
MATSUMURA
作曲
MATSUMURA
文字サイズ
よみがな
hidden
しのまち雑音ざつおん
れた街中まちなかちいさな公園こうえんのベンチ
うざったそうにこちらをていた
先客せんきゃく三毛猫みけねこ挨拶あいさつしてそこにすわ

ふとると一人ひとりぼっちであそあおいシャツの少年しょうねん
あか帽子ぼうし少年達しょうねんたちかこ
やがてあかあおじり
さらにおおきくわら声響ごえひび
おなそらおなくも

昼休ひるやすみのチャイムが
まち雑音ざつおんではいまだつづ
蹴落けおとしとされる
イスりゲームは
「はい、一抜いちぬけた」

先客せんきゃく寝息ねいきつづ

ゆめ希望きぼう不安ふあん絶望ぜつぼう種類しゅるい千差万別せんさばんべつ
でも見上みあげりゃおなそらおなくも
あらそいで優越感ゆうえつかん居場所見いばしょみつけてれば
稲中読いなちゅうよんでもわらえない

かれたら拍手はくしゅ見送みおくろう
きっとそいつはぼくよりすこ
いしばってきたんだろう
いつまでも舌打したうちして不平不満ふへいふまんかさねても
不公平ふこうへいひとつもない

はやく「このゆびとまれ」

あかあおじっていたころ
無邪気むじゃきにしていたいかけっこなら
うばい、きずつけうような
くだらない世界せかいわるんだ

ねがいがかないますように

公園灯こうえんとうかたちかげ西にしそらえかけてゆく
げた人差ひとさゆび少年達しょうねんたちこえかさなった

あかあおじっていたころ
無邪気むじゃきにしていたいかけっこなら
うばい、きずつけうような
くだらない世界せかいわるんだ

雑音ざつおんはこのえないうた、シンガロングでもしてそう
もしはずせない理由りゆうがあるのなら先急さきいそげばいいさ

このそらわらないよ

だから「KONOYUBITOMARE」