1. 光歌詞

「光」の歌詞 LEO

2012/11/7 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
なつかしいにおいに れるこころ
あのころはよかったなんておももある
見上みあげたそらには雲一くもひとつない
じれば おもえた

いつかみたゆめ今日きょうまで
いかけ あるいてたけど
いま自分じぶんはいったいどこにいるのだろう

どこまでけば ひかりえるの?
どれくらいの時間じかんがあるの? わからないけど
ぼくいま ここにいることの意味いみ
きっとあるはずだから

どんなときでも明日あすしんじていこう
たしかなものなんてだれにもないのだから
ぼくはただあるつづけるよ
きっとなにかをのこすため きてゆくよ

ありふれた日々ひびに とまどったとしても
ひとごみに自分じぶん見失みうしなったとしても
ときぎていく まることはない
だれにだってそう 明日あしたるのさ

昨日きのうよりすこしだけ つよくなれたなら
ただそれでいいのかも
ちいさなあゆみをかさねてゆく

どこまでけば ひかりえるの?
どれくらいの時間じかんがあるの? わからないけど
ぼくいま ここにいることの意味いみ
きっとあるはずだから

どんなときでも明日あすしんじていこう
たしかなものなんてだれにもないのだから
ぼくはただあるつづけるよ
きっとなにかをのこすため きてゆくよ

カタチあるものは
いつしかわってしまうものだけど
わらないものがあるから
ひとはきっときていける

ぼくはこのまま ありのままでいたいよ
もうまよいはないから なにおそれないから
いつの笑顔えがおつたえたいよ
たったひとつの物語ものがたり

どんなときでも明日あすしんじていこう
たしかなものなんてだれにもないのだから
ぼくはただあるつづけるよ
きっとなにかをのこすため きてゆくよ