「さよならをあげる」の歌詞 LINDBERG

1995/6/6 リリース
作詞
渡瀬マキ
作曲
川添智久
文字サイズ
よみがな
hidden
そして今日きょうも あなたにかたかれてある
レンガいろした並木道なみきみち
無理むりしないでいいよ わかっているの
大好だいすきなあなたのことだから

わってゆこうとする気持きもちを
かくしてるあなたの やさしさがつらい

さよならをあげる
あなたのこころつかれてしまうそのまえ
大丈夫だいじょうぶだから

まるで子供こどもみたいに いつもくつを ぶつけて
ふざけってた 並木道なみきみち とお季節きせつ
いつか いかってくれなくなって
かけきも かなしくなる

たぶんわたせないプレゼントが
二度にどない 記念日きねんびっている

さよならをあげる
あなたのこころから わたしえるそのまえ
いたりしないから
ねがごころいとしさに けてしまうから
つめたすぎるくらい おもいきりふって
そして おぼえていて

こんなおもいを あいぶのなら
どうしてひとかえしてくの?

さよならをあげる
あなたのこころから わたしえるそのまえ
いたりしないから
ねがごころいとしさに けてしまうから
つめたすぎるくらい おもいきりふって
そして おぼえていて

ねがごころ
笑顔えがおだけを きざむから
つめたすぎるくらい おもいきりふって
そして おぼえていて