1. 八月の鯨歌詞

「八月の鯨」の歌詞 LINDBERG

1994/6/24 リリース
作詞
渡瀬マキ
作曲
平川達也
文字サイズ
よみがな
hidden
誕生日たんじょうびても 最近さいきん複雑ふくざつ
笑顔えがお目尻めじりちょっと になっている

退屈たいくつ毎日まいにちに きっとひそんでいる
希望きぼうまどがある

やがてかみしろ階段かいだんきつくなっても
情熱じょうねつなかで いつもきていたい

八月はちがつになれば くじらにやってくる
彼女かのじょってる 海辺うみべちいさないえ永遠えいえんなつ

公園こうえんのベンチ かた老夫婦ろうふうふ
それぞれの季節きせつ なにてきたの?

月日重つきひかさねることが 孤独こどくかうことじゃない
真実しんじつなかで いつも きていたい

八月はちがつになれば くじらにやってくる
彼女かのじょってる 窓辺まどべはなかざって 永遠えいえんあい

明日あしたおもなやまない 昨日きのうにとらわれない

いまきていたい

八月はちがつになれば くじらにやってくる
こころきてる いろあせないままの記念日きねんび
彼女かのじょってる 海辺うみべちいさないえ永遠えいえんなつ