「君のいちばんに・・・」の歌詞 LINDBERG

1996/5/1 リリース
作詞
渡瀬マキ
作曲
川添智久
文字サイズ
よみがな
hidden
むねに ささったままの
ちいさなあかいトゲが
とれなくて
かぜいろわるたび
しくしく いたみだすよ
なにかがえて
なにかがまれるように
さよならも
あいのひとつだから
いつかきっと
めぐり未来みらい出逢であいを
いましんじてる
もうすこし もうすこしだけ
明日あしたこそ今度こんどこそ
つよくなりたい
大丈夫だいじょうぶ 大丈夫だいじょうぶだよ
自分じぶんいきかせながら
ひとつためいきつくと
ひとしあわせがげるらしい
見上みあげた空青そらあおすぎて
きたくなる ときもある
だれかがだれかを
いつもささえてるように
あのつきでさえ
太陽たいようひかりかがやいてる
宇宙うちゅう法則ほうそくなかでは
みんな ひとりじゃない
もうすこし もうすこしだけ
明日あしたこそ今度こんどこそ
つよくなりたい
ゆっくり ゆっくりと
あるいてゆくから
もうすこし もうすこしだけ
このままで ここにいて
かんじていたい
大丈夫だいじょうぶ 大丈夫だいじょうぶだよ
自分じぶんいきかせながら
なみだ あふれて
とまらないのは
べつに きみ
せいじゃないよ

きみのいちばんに
ほんとは なりたかった
もうすこし もうすこしだけ
明日あしたこそ今度こんどこそ
つよくなりたい
ゆっくり ゆっくりと
あるいてゆくから
もうすこし もうすこしだけ
このままで ここにいて
かんじていたい
大丈夫だいじょうぶ 大丈夫だいじょうぶだよ
自分じぶんいきかせながら
大丈夫だいじょうぶ 大丈夫だいじょうぶだよ
自分じぶんいきかせながら