「太陽のかけら」の歌詞 LINDBERG

1998/3/25 リリース
作詞
渡瀬マキ
作曲
平川達也
文字サイズ
よみがな
hidden
One in a Million Rainbow もうすぐあめはやむよ
何度なんどがりあるこう
とおくてもそばにいる おなそら見上みあげてるから

ねぇとどいた? ポストにBirthday Card
えないこの距離きょりがやっぱりせつないね

昨夜ゆうべ ひさしぶりにひらいた 卒業そつぎょうアルバム
時間じかんはきっともどらないから いとしいね

One in a Million Rainbow まっすぐなひとみ
何度なんど明日あすをもらったよ
とおくてもきみがいる おなそらがつづいてるから

ねぇってる? きみ見送みおくったあさ
線路せんろのむこうににじがでていたこと

七色なないろひかりは かさなるしあわせのいろ
ゆっくりとわたしだけのこえていった

One in a Million Rainbow どこまでもをのばそう
たったひとつのカギにふれたら
なみださえかぜになり かなしみのやみえてゆく

Million Rainbow もうすぐあめはやむよ
何度なんどがりあるこう
とおくてもそばにいる おなそら見上みあげてるから

きみがそのまちゆめかなえるって めたあのからさがしている
このまちわたしだけのにじ

One in a Million Rainbow どこまでもをのばそう
たったひとつのカギにふれたら
なみださえかぜになり かなしみのやみえてゆく

Million Rainbow もうすぐあめはやむよ
何度なんどがりあるこう
とおくてもそばにいる おなそら見上みあげてるから

ほらえるよ 太陽たいようのかけら