「最後の冬」の歌詞 LINDBERG

1994/6/24 リリース
作詞
渡瀬マキ
作曲
小柳昌法
文字サイズ
よみがな
hidden
この冬最後ふゆさいごのバーゲンセール おんなたちでにぎわうブティック
不意ふい視界しかいさえぎる たかいシルエット ゆっくり見上みあげたひとみなか

あののままのあなたがいた おもよりとおだれよりもちか
やっとのおもいでえた言葉ことばは“こんにちは"の たった一言ひとことだけ

なぜ二人ふたりはここで また出会であってしまったの?
ねぇ あなたは 今何いまなにおもっているの?

すれちがったあと彼女かのじょやさしくしながら
みせてく うし姿すがた

あたりまえだけど もうあなたはあなたの
時間じかんきてることが 不思議ふしぎだったの

かえらないのは 彼女かのじょのため? それとも
まだ戸惑とまどかくせない わたしのためなの?

本当ほんとうはあのから ずっとこころのどこかで
わたしはこのっていたのかもしれない

あなたとのあいだを ひとなみめてく
やがて二人ふたりおもときもれてゆく