1. 自転車に初めて乗れた日歌詞

「自転車に初めて乗れた日」の歌詞 LINDBERG

2015/3/1 リリース
作詞
渡瀬マキ
作曲
平川達也
文字サイズ
よみがな
hidden
自転車じてんしゃはじめてれたの あのかぜにおいがする
ペダルめばどこへでもんでいけるよ そんな気持きも

かわぞいのみちきみくさってあるいてる うれしそうに
時々ときどき北風きたかぜがボクのセーターのすきまにもぐりこむ

今日きょうをつないでかえろう もうなにまよわないでよ
ずっとボクのポケットのなか つめたいあたためてあげるよ

いつでも頑張がんばってる自分じぶんがいて それはきっときみがいるから
ぼんやりそんなことかんがえてたら 勇気ゆうきいてきたよ

とおひかってかんでる グランドのしろいあかりみたいに
いつかはきみなかやみすこしずつかしていきたい

だからをつないでかえろう いつもとおな夕暮ゆうぐれも
ふたりがずっとわすれないように ちょっとだけとおまわりしていこう

自転車じてんしゃはじめてれたの あのかぜにおいがする
何度なんどころんでもキズついても あきらめなかったよね

今日きょうをつないでかえろう もうなにまよわないでよ
ずっとボクのポケットのなか つめたいあたためてあげる

をつないでかえろう いつもとおな夕暮ゆうぐれも
ふたりがずっとわすれないように ちょっとだけとおまわりしていこう

をつないでかえろう