「花」の歌詞 LINDBERG

1999/12/16 リリース
作詞
渡瀬マキ
作曲
小柳昌法
文字サイズ
よみがな
hidden
うまくいかないときは なぜかわるいことがつづ
わかってる だからそんなに自分じぶんめないで

あなたがながしてる くやしいなみだ
精一杯せいいっぱいかがやいて くらやみてらすよ

あせってころんでも だれかに裏切うらぎられても
大事だいじなものくしても まえすすめるかどうかでしょ
あめれたってわらってる そう向日葵はなのように

つぎ階段かいだんのぼれば そこにはきっと
とてもあたらしい自分じぶんがいるようながして

いていかれないように 必死ひっしはしるけど
ゴールなんかはない ボクらがゆくみち

あたってくだけても ゆめにふりまわされても
わるうわさながれても まえをむけるかどうかでしょ
いつかれるってしんじてる あの紫陽花はなのように

あせってころんでも だれかに裏切うらぎられても
大事だいじなものくしても まえすすめるかどうかでしょ
あめれたってわらってる そう蒲公英はなのように

あたってくだけても ゆめにふりまわされても
わるうわさながれても まえをむけるかどうかでしょ
いつかれるってしんじてる あのはなのように