「ROLLING DAYS」の歌詞 LINDBERG

1993/6/5 リリース
作詞
朝野深雪
作曲
平川達也
文字サイズ
よみがな
hidden
こころが ちょっと つまづいて
だれにも えない かえみち
バスてい 3つ 見送みおくって
無邪気むじゃき景色けしきどま

Ah 校庭こうていには いまも おんなじ
しろいユニフォーム 夕焼ゆうやけに まる

制服せいふくいだ 意味いみ
わからない ねえおしえて
気持きもちだけ ここに いて
大人おとなには なれないよ

校舎こうしゃまど 右端みぎはし
わたし笑顔えがおわすもの

Ah この場所ばしょから かくれした
蜃気楼しんきろうゆめ えそうに なるよ

一人ひとりだけ フェンスしね
卒業そつぎょうを もう しなくちゃ
図書室としょしつった 世界せかい
両手りょうてでも あふれてる

Ah さがしていた ダイヤモンドは
のひらのなかに しまってる いま

退屈たいくつ記憶きおくになる
毎日まいにちじゃ ねえ つらいよ
一瞬いっしゅんわるいま
きしめて きたいよ

こころが ちょっと つまづいて
だれにもえない かえみち
バスてい 3つ かえ
明日あしたわたしあるきだす

こころが もっと いたくても
このままあるいて けそうよ