1. 何も始まらなかった一日の終わりに。歌詞

「何も始まらなかった一日の終わりに。」の歌詞 LM.C

2012/4/4 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
なにはじまらなかった一日いちにちわりに そら見上みあげてる

かたちい そのおもいは 簡単かんたんに ほら せん言葉ことばさえもえる
もう それ以上いじょう わなくてもいい そのままでいい

あかまるそら まばたきをわすさがした ちいさな ちいさな 一番星いちばんぼし
ってたんだ この出逢であいを 二度にどもどらない瞬間しゅんかん永遠えいえん名付なづけて

めぐいを かさねて ぼくらは またばすよ
どこまでもとおれたよろこびとかなしみ あつめて
あいって わかれにいた その記憶達きおくたちこころはかなかがや
だから もう それ以上いじょう わなくてもいいんだよ
なにはじまらなかった一日いちにちわりに そら見上みあげてる

目覚めざめるたび まれわる なりたい自分じぶんすこしずつ近付ちかづいてゆく
おもどおりにいかないことくらい わかってるけど

月明つきあかりたか太陽たいようねむ夜空よぞら明日あした今日きょうえてゆくよ
ってるんだ その笑顔えがおかくしたなみだることを 大切たいせつなキラメキ

めぐって たしかめった この奇跡達きせきたちは いつでもひらなか
だから もう なみだかくさなくていいんだよ

最期さいごはそっと 笑顔えがおでずっと まぶたのうら景色けしきってねむろう

めぐいを かえして ぼくらは またつなぐよ
何度なんど何度なんどそそよろこびとかなしみ
あいって わかれにいて それでも太陽たいようは またのぼしずんでゆくのさ
だから もう それ以上いじょう わなくてもいいから
なにはじまらなかった一日いちにちわりに きみいにくよ