1. その名前を歌詞

「その名前を」の歌詞 LOST IN TIME

2010/11/10 リリース
作詞
海北大輔
作曲
LOST IN TIME
文字サイズ
よみがな
hidden
最初さいしょからそこに名前なまえがあった
いつしかそいつに意味いみまれた
あらそいのあとしずけさに
おだやかで残酷ざんこくあさむかえた

最後さいごならいっそ自由じゆうになれた
けれどもそれにはつづきがあった
のこされたごうという十字架じゅうじか
未来みらいちからかった

その名前なまえを そのこころ
背負せおうものに どうかひかりあれ

身体からだ全部ぜんぶいだって
たましいえてはくれない
憂鬱ゆううつきしほしうた
うそ邪魔じゃまこえない

両手りょうてをいくらったって
ふねつけてはくれない
欲望よくぼう世界中せかいじゅうあふして
ながぼしかずりなくなった

最後さいごまでだれわらわなかった
一字いちじ一句いっく間違まちがわなかった
あらそことつづけてきた
その代償だいしょうにまだかないのかい

その名前なまえを そのこころ
背負せおあるきみさちあれ

身体からだ全部ぜんぶてたって
こころまでくなりはしない
憂鬱ゆううつきしほしうた
過去かこ邪魔じゃまこえない

徒党ととうをいくらんだって
こころまでまとまれはしない
シュプレヒコールのそのなか
だれこえとどかない

身体からだ全部ぜんぶいだって
たましいえてはくれない
欲望よくぼうこころからあふして
ながぼしかずりなくなった

ながぼしかずりなくなった

最初さいしょからそこに名前なまえがあった