「ニジノシズク」の歌詞 LOST IN TIME

2010/11/10 リリース
作詞
海北大輔
作曲
LOST IN TIME
文字サイズ
よみがな
hidden
あぁ わすれないうちに こころかぎをかけて
きみがいた事実じじつくしてしまわぬように

あぁ わらえてるうちに 世界せかいわればいい
そんなことばかりを かんがえてしまったよ

家路いえじいそひとなかながれにさからってあるいた
きみいそびれた言葉ことばむねなかにつかえたまま

あのころきみいまおぼえてる
おもにしがみついてばかりの ぼくいまだにさぶってるよ
きみはしってた 日々ひびながめてる
太陽たいよう背中せなかけたぼくに あののようににじわらうよ

そう何度なんどだってぼくら やりなおせるはずだと
しんじていたかったけど やっぱり駄目だめみたいだな

もう うごしている このまち片隅かたすみ
きみのいない毎日まいにちれてきてしまったよ

かさたず土砂降どしゃぶりのなかける学生がくせいなか
きみいそびれた言葉ことばちいさくひかってえた

あのころぼくいかけたゆめ
いまでもきっと何処どこかのだれかが 素知そしらぬかおしていかけてる
きみうたってた 色褪いろあせない
これからのぼくある未来みらい無駄むだになんてしたくないんだ

だれかがのこした きみまぼろし
何処どこかでずっとたよりにしたまま まっていたけど

あのころぼく辿たどけずにいた
ひかかがやくあの場所ばしょけて いまやっとあるしているよ
きみはしってた 日々ひびいかけて
さびしくなったらかえるから そのときにはにじをかけてよ