「鳥」の歌詞 LOST IN TIME

2011/11/9 リリース
作詞
海北大輔
作曲
LOST IN TIME
文字サイズ
よみがな
hidden
ひさしぶりにって わすれてた名前なまえだった
ひとおもって案外あんがい 曖昧あいまいなもんだな
つばさしくって した世界せかいだった
いつかえがいてたゆめにするとおもっていた

すな速度そくどがってる
むね戦場せんじょうせまってる
絵本えほんえがいてる場合ばあいじゃないことくらいかってる
このはペンでもじゅうでもない

大空おおぞらばたけるよう
自由じゆうとりには なれそうもいけれど
まえひろがる地面じめんなら
何処どこにだってあるいてける

大空おおぞらてるよう
つばさしいと ずっとおもっていたけど
きみにぎれないのなら
ぼくべなくてもいい 両手りょうてのままがいい

まり見上みあげた 昼下ひるさがりのそら
わたどりれが みなみかう
えた煙草たばこ灰皿はいざら仕舞しまって
深呼吸しんこきゅうひとあるはじめる

みちもどって ひろあつめている記憶きおく
いやだなとしくっちゃったせいで とぼけてきたかな
ガキのころ夢見ゆめみ野球やきゅう選手せんしゅはもういない
平凡へいぼんなまんますすなんとなくかっていた

とし感度かんどにぶってく
くつ歓声かんせいはまだとお
愚痴ぐちをこぼしてる場合ばあいじゃないことくらいかってる
このふえでもさいでもない

大空おおぞらてるよう
自由じゆうとりには なれそうもいけれど
大声おおごえきみんだなら
ぼくからだかるくなった

大空おおぞらばたけるよう
つばさしいと ずっとねがっていたけど
きみこといだきしめられないなら
ぼくべなくてもいい 両手りょうてのままがいい