1. 姫百合の花歌詞

「姫百合の花」の歌詞 LUNKHEAD

2005/5/11 リリース
作詞
小高芳太郎
作曲
小高芳太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
めてひどあせをかいていて
きみにすがりついた
さっきまでていたゆめいま
おもせない
何一なにひと

けがされてしまうのは多分たぶん
いつだってきみばかり
何百回許なんびゃっかいゆるされてみても
ねえ、かれはいつになったって
気付きづけはしないのでしょう

世界せかいまわはじめたあさなか
だれかがわらい、あのひといていた
三分見さんぷんみつめつづけたそらあお
じたら赤黒あかぐろまぶたいていた
意味いみもなく
ただいていた

どれだけそのあらったって
ちないね、こればかりは
紫色むらさきいろになるまでふやけてしまっている
そのをどう使つか
なにおもいつかない

世界せかいわりかけだしたやみなか
ちいさなこえであのはまだいていた
三分見さんぷんみつめつづけたそらあお
じたら赤黒あかぐろまぶたいていた
意味いみもなく
ただいていたんだ