1. 月と手のひら歌詞

「月と手のひら」の歌詞 LUNKHEAD

2005/5/11 リリース
作詞
小高芳太郎
作曲
小高芳太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
すっかりおそくなったな
つきがもうあんなにたかくなってる
きみはもうそろそろねむくなるはずなのにそれでも
ほしのシャワーとよるかぜ
きみほほ桜色さくらいろめる
はしゃいだこえはずんだいき
街灯がいとうつくふたつのかげ

をつないでうちにかえろう
四月しがつとはってもよるはまだえるから
風邪引かぜひかないように
すこいそいで

色々話いろいろはなしたいことが
たくさんあるはずなのに
ひとつも言葉ことばにはならないから
つよをにぎる

高台たかだいからのぞまち
まどかずだけひかいのち
みんなきっとすこしだけ
ひとよりしあわせになりたいだけ

をつないでうちにかえろう
四月しがつとはっても今日きょうとくえるから
風邪引かぜひかないように
をつないでうちにかえったら
あたたかいミルクをもう
よるはまだながいからいいゆめれるように
すこあまくして

いつかきみのその
ちがだれかをしあわせにする
その未来みらいきみおくとどける
をつないで