「金木犀」の歌詞 LUNKHEAD

2004/6/23 リリース
作詞
小高芳太朗
作曲
小高芳太朗
文字サイズ
よみがな
hidden
衣替ころもがえにははやすぎた学生服がくせいふく自転車じてんしゃかごれた
別子べっしやまから見下みおろした燧灘ひうちなだおだやかだった おだやかだったよ
いまふっとおもした
あのころこのなかには
なんにもかった
なんにもかった
うしなうものはなんにもかった
あったのは期待きたい不安ふあんだけ

昼下ひるさがりの陽炎かげろうには金木犀きんもくせいれていた
ぼくにはすべてがつかめるようなつもりでいた
まもるものは
なんにもかった
なんにもかった
うしなうものはなんにもかった
うみこうにいしげてはとお世界せかい夢見ゆめみていたな
みしめていたつちことなどにもしなかった
あったのは期待きたい不安ふあんだけ