1. 魚の歌歌詞

「魚の歌」の歌詞 LUNKHEAD

2005/5/11 リリース
作詞
小高芳太郎
作曲
小高芳太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
夕暮ゆうぐどきのスーパーの
鮮魚売せんぎょうぼく偶然ぐうぜん
100円引ひゃくえんびきのさかなった
そしたらなんか突然とつぜん
きみんださかなみたいなをしてるね」
って、さかなわれた
わらえない冗談じょうだん
さかなにはわれたくないけど

わりたいなんていつもおもいながら
きていきをして、日々ひびこなしてるだけ
わらことなみだながこと
いかりにふるえること最近少さいきんすくなくなった

そうです、ぼくきみなんです
スーパーのたなならんでいる
100円引ひゃくえんびきのきのわるさかななんです
つらことなんてないし
運命うんめいだとれてしまったら
なやことさえまれなもんです
なんてふうえたらなぁ しあわせかなぁ
そんなわけあるか

このからだながれる体液たいえき瞼超まぶたごしにえるけど
そんなのよりもっときていることのあかししい
あかなんてそこのさかなでもながれるぜ

えたってさ いいけどさ
いたいのはやっぱさぁいやなんだ

わりたいなんていつもおもいながら
きていきをして、日々ひびこなしてるだけ
きていることのあかししい
なんておもいながら今日きょうだって酒飲さけのんでるだけだろうな

夕暮ゆうぐどきのスーパーは
いつもどおりにぎわわっている
ひとにおいとおとがする