「雨のち君」の歌詞 Lead

2013/9/18 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
じられてくドア もどらぬ時間じかん
くもぞらきみぼくだけの部屋へや

なにわずに きみ
いかけることさえ 出来できずただてた

いつもよりひびきたくもない鼓動こどう
かさならないテンポ きざつづけて

なみだがただ あふれるのは きみがいないから
まどうつったそらには あめあめ

バラードのような速度そくどよみがえおもなかわらきみ
輪郭りんかくのぼやけたしあわせは りしきるあめおとされた
あしにもにも力込ちからこめられず ただシルエットをって
自分じぶんめることもおぼつかず 失望しつぼうなかくす

つながらない感情かんじょう すれちが日々ひび
この部屋へや温度おんどがってくみたい

こんなにひときになれるとって
いつかまただれかをきになれるかな

なみだがただ あふれるのは きみがいないから
まどうつったそらには あめあめ

このままどこかへえてしまえたら
いつまでつづくの あめあめ
ゆめこえ仕草しぐさ記憶きおく雨音あまおとにかきされ
それでもまだきみのこ何故なぜ?何故なぜ?

きみとの未来みらいはぐくんだ部屋へやのこされたのはさびれた期待きたい
絶望ぜつぼうをはぐらかすための手段しゅだん君以外きみいがいおもいつかない
なさけないほどきみかんじたくて ぬくもりをさがしもがくぼく
何度なんど何度なんど何度なんどんだ だけど二度にどこえとどかない

こころにただ ひろがるのは きみのいない世界せかい
いつまでつづけるの? あめあめ

なみだがただ あふれるのは そらたいから
きみえなくなるほどの あめあめ

あさねむりのなかめぐえる いつかの笑顔えがおかべるきみ
目覚めざめるたびえないきずいたむけど それでもきみかんじていたい