1. いつかの手紙歌詞

「いつかの手紙」の歌詞 LiSA

2012/8/8 リリース
作詞
古屋真
作曲
黒須克彦
文字サイズ
よみがな
hidden
まるで こころにいつでもある秘密基地ひみつきち
笑顔えがお ちかとおく それがよかった

あくびの延長えんちょう数年後すうねんごかた
たぶん それはきっと 特別とくべつなこと

ずっと ずっと
..とねがうほどいたむけど

ここにあるうたがいい
かんじてこのひかり
さわれなくてえなくても
いつまでもそばにある
はる未来みらいぼく
この手紙開てがみひらくときに
つたなすぎてわらっても
ここにあるゆめがずっとおおきく
いてるように

つたえたいことはきっとくしゃみひとつぶん
さむくなるとえて ねむれなかった

ふたつ みっつ
さみしさとかさなるけど

ここにかぜがいい
名前なまえいゆらめき
わらって ふとしたとき
えてしまうがしても
いつかこのぼく
こたえになる微笑ほほえみを
完璧かんぺきとはえなくても
恰好かっこうつけられるようにいまから
見上みあげてゆこう

そっと そっと
わすれてしまうものだけど

ここにあるうたがいい
ちいさくてもえない
さがものはしたび
なにかを見失みうしなうけど
おもせないかおして
この手紙開てがみひらくときに
むねおとてるように
言葉ことば出来できないこの気持きもちを
うたってゆこう