1. シロイトイキ歌詞

「シロイトイキ」の歌詞 LiSA

2013/4/3 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
たったいちびょう不安ふあんほしゆびかぞえた
しあわせはそっと夜空よぞらめてせるのに

月明つきあかりうつした たかくろかげ
まれそうで むためいき
こわくない

あのひびいた ゆずれない宝物たからもの
かたちのない 保証ほしょうのない 幻想げんそうだったとしても
しろ吐息といき明日あしたのお日様ひさまにも
わらいかけられるような うたになれたらいいのになぁ

らしたゆびは ぱちんと おとをたててはえた
じんわりいまたしかに いたみをのこして

イタズラにながれる 季節きせつ無関心むかんしん
次々つぎつぎ未来みらい はこんでるから
まってられないよ

ながぼしにさ ねがいをかけて
今日きょうあるいてく かえみち ペガススさがしながら
しろ吐息といきあつめてくもつくったら
大声おおごえけるような あらしんでくれるかな?

ゆきけてやがてはなころ
ココロからっぽになったがするけど
ひとひとかんじてしあわせはそらえてくだけ
そばくても ときえて かがやくから

あのひびいた ゆずれない宝物たからもの
かたちのない 保証ほしょうのない 幻想げんそうだったとしても
シロイトイキが いつしかだれかの
あたためてくれるような うたになれたらいい
いのちがここにあるいまは また、しんじてたいから