1. ヒトリワラッテ歌詞

「ヒトリワラッテ」の歌詞 LiSA

2013/10/30 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
わたしひとり、わらってた
言葉ことばにならぬゆめ
未来みらい期待きたいもないよななにていただろうか?

わたしひとりでいてた
うそだらけのひかり
時間じかんわれ、われて
いまたしかにいをけるの

わたしひとりでいてた
ないおもいをかかえながら
自分じぶん場所ばしょさがして
また、こうやってかえすよ

とりあえずばす
そして、また裏切うらぎられていく
「もう、やだのこえをただ、
さけべればなにわったかな?」

間違まちがいをすべみとめたなら
よるとおくなって とおくなっては、はなれていく
きみ何処どこわたしていた?
こたえはえない。
えない、えないの。」

わたしひとり、わらってた
言葉ことばをこぼし、今日きょうもまた
ふかもぐんだんだ、と
さびしげに、今日きょうきみ

わたしひとり、わらってた
うそだらけのひかり
未来みらいわれ、われと
ただ、そうやってかえるの

げたゆめこわ
そして、またげていく
「そう、わたしはいつでも。
せればな、とねがっている。」

ソシテキョウモヒトリ。

最低さいてい感情かんじょう らしてさ
ってくれないかって くれないかって
れていたんだ
はみしたおもいはきみへとく!
よるとおくなって とおくなってはしろまっていくんだ
きみ何処どこわたしさらった?
こたえがえた。
えた、えたが、したよ。