「終わりのない歌」の歌詞 LiSA

2012/2/22 リリース
作詞
麻枝准
作曲
麻枝准
文字サイズ
よみがな
hidden
ある日小ひちいさなむらたびする吟遊詩人きんゆうしじんおとずれた
まだわか少女しょうじょたびれてなかったけど うたには自信じしんがある

少女しょうじょむら中央ちゅうおうにある広場ひろばすわりリュートをうたはじめた
でもだれひとりてこなかった こえていないのか

なやんだすえてこないなら無理矢理むりやりでもこえるようにと
雷鳴らいめいのようにさけうたった それがみんなのこころふるわせた

てきた村人むらびとたちはみんな不気味ぶきみかたちをしてた
すここわかったけどやがてけてた うたうたうたびに

「こんなわたしたちをてもげないとはたいしたもんだ」
そうつえつくおじいさんが村長そんちょうだった 事情じじょういてみた

昔愚むかしおろかな青年せいねん国王こくおうむすめこいをした
ふたりでちをくわだてたけど その途中とちゅうつかまってしまった

国王こくおうつめたくはなった
「こいつとその子孫しそんにまでおよ異形いぎょうのろいをかけててろと」

あるみんながってくれた
「あなたのうたには不思議ふしぎちからがある
がってたほねもこんなぐに もうすぐなおりそうだ」

毎日まいにちこうしてこのむらうたかせてあげれれば
のろいもけるる、そうおもはじめてた なんのまよいもなく

だけどそのうわさひろまり騎士きしうまりやってきて
少女しょうじょってしろふか牢獄ろうごくじこめた

国王こくおうあらわれ「そのちからわたしのために使つかえ」と
そんなのおことわりだ!
「ならそこで一生過いっしょうすごすといい」とった

いてなんかいられない ここからでもうたうたおう
あのときとどいた さあはじめよう《わりのないうた》を

ながながときぎた むらにもまたはるおとず
子供こどもたちはになり伝承でんしょううたうた旅人たびびとのこした

少女しょうじょはまだたびをしてた もちろん大好だいすきなうたうた
神様かみさま かなうのならあのむらでもう一度いちどみんなにいたい
もうこのにあたしはいないけれど