「時を刻む唄」の歌詞 CLANNAD~AFTER STORY~ OP Lia

2008/11/14 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ちていく砂時計すなどけいばかりてるよ
さかさまにすればほらまたはじまるよ
きざんだだけすす時間じかん
いつかぼくはいれるかな

きみだけがったさか途中とちゅう
あたたかなだまりがいくつもできてた
ぼくひとりがここでやさしい
あたたかさをおもかえしてる

きみだけをきみだけを
きでいたよ
かぜにじんで
とおくなるよ

いつまでも おぼえてる
なにもかもわっても
ひとつだけ ひとつだけ
ありふれたものだけど
せてやる かがやきにちたそのひとつだけ
いつまでもいつまでもまもっていく

肌寒はだざむつづく もうはるなのに
目覚めざまし時計どけいよりはやきたあさ
三人分さんにんぶんあさはんつくるきみが
そこにっている

きみだけがきみだけが
そばにいないよ
昨日きのうまですぐそばでぼくてたよ

きみだけをきみだけを
きでいたよ
きみだけときみだけと
うたうただよ
ぼくたちのぼくたちの
きざんだときだよ
片方かたほうだけつづくなんて
ぼくはいやだよ

いつまでも おぼえてる
このまちわっても
どれだけのかなしみと出会であうことになっても
せてやる 本当ほんとうつよかったときのこと
さあいくよ あるさかみち