1. せつない自由歌詞

「せつない自由」の歌詞 MANISH

1996/8/5 リリース
作詞
Kanako Oda
作曲
Mari Nishimoto
文字サイズ
よみがな
hidden
海沿うみぞいからかぜあき気配けはい
桟橋さんばしくもが なびく
わったこい また しては
ひとり いきついた

だれよりちかかんじたこころ
だれよりとおはなれたけれど
一番いちばん いたいひと いま

おもとは まだ べなくて
こんなとき けたらいいのにね

おぼえたてのうた くちずさむような
下手へたあいかえ
大事だいじおもほど きみゆめ
いつか ゆるせなくなってた

いくつものよる かたかしたね
わかれるなんて おもいもせずに
笑顔えがおのままのきみが よぎる

だれよりちかかんじたひとみ
だれよりとおはなれたけれど
一番いちばん いたいひと いま

あおそらうばわれて
ぽっかりと むねみた自由じゆう

かなしみより さびしさより
あの きみのこしていった
この自由じゆうが せつない