1. 眠らない街に流されて歌詞

「眠らない街に流されて」の歌詞 MANISH

1994/10/24 リリース
作詞
大黒摩季
作曲
織田哲郎
文字サイズ
よみがな
hidden
黄昏たそがれる海沿うみぞいのカフェテラス
やさしいバラードは 素直すなおにさせるよ

ゆめかた強気つよきなそのひとみ
ときせるよわきだったくせに

どんなにててもあなたにはなれないと
つめたいこえけたわたし だけど

ねむらないまちに Ah~ ながされて
まぼろしさがしてる 自分じぶん気付きづいた
うしなってえる Oh~ あいもある
おもわるまえに もう一度いちど きしめたい

ひとはみんなわってくものね
おぼえたての歌染うたそまってくように

まわつかれきった寝顔ねがお
つつしあわせも さびししさにえた

りすぎることとかりうことはちが
明日あしたいそいでめた わたし だけど

ねむらないまちに Ah~ ながされて
最後さいごのCHANCEしんじてる 自分じぶんつけた
してそして Oh~ 傷付きずつけて
やみながらわすれるより もう一度いちど あいしたい

ねむらないまちに Ah~ ながされて
まぼろしさがしてる 自分じぶん気付きづいた
うしなってえる Oh~ あいもある
おもわるまえに もう一度いちど きしめたい