1. 旅立ちの火に歌詞

「旅立ちの火に」の歌詞 MARUDARUMA,GUMI

2012/9/19 リリース
作詞
MARUDARUMA
作曲
MARUDARUMA
文字サイズ
よみがな
hidden
さくらのことはゆめなかいてきぼりにされ
くらくらする外気がいき 換気扇かんきせん
横顔よこがおかすめいまはどうか間違まちがいもらずに
今吐いまはしてみよう そうつらいつらい

あたまなか芝居上手しばいじょうず ごまかしの王様おうさま
くちなかはいつも ガムがおさえて
よくりゃひど足跡あしあとだな ここまでたけどさ
きらいじゃないけどさ 何故なぜきたい

風穴かざあなけるような
それがいんだ
マッチにをつけたんだよ

がるこの光景こうけい
まえてたら
あかまる歴史れきしなか
つめながらうたっている
まちなかはしんしんと
見送みおくりの手拍子てびょうし
なにもかもをてたいま
わすものをして旅立たびだ

さくらうたはいつのことかこのまちにはくて
らない場所ばしょなんだ たりまえかな
さびしくないこわくないけどそのほかもないけど」
ひとごと意味いみも ありふれまして

肝心かんじんなものとかは
わからねんだ
それでもうたえるんだ

がるあの光景こうけい
わすれたらわりだ
いつもどこかにいておく
げたからだのすぐそばに
うそはいつも方便ほうべん
きつきたくもなる
だけどいま本音ほんねだけで
これでいいとおもいたいんだ

がれその全部ぜんぶ
かったことじゃない
ずっといまたしかにただ
ふるえてすらもいるけれど
ちゃんと意味いみがあったんだ
やっと意味いみができたんだ
なにもかもをててそして
わすものをやっとつけた