1. 雨歌詞

「雨」の歌詞 MASH

2009/7/5 リリース
作詞
MASH
作曲
服部嶽志,MASH
文字サイズ
よみがな
hidden
地下鉄登ちかてつのぼるとあめってた 時計とけいはりはてっぺんしてた
ぼくはぼんやりとあめにぬれてた 数分すうふんしたらからだえてた
なんか最近覇気さいきんはきいし やる気出きでないし よるれないし
こころおくがソワソワするし さけんでてもなんだかさびしい
ぼくはこのさきどこにこう 場所ばしょなくした視線しせん空向そらむくよ
あめはいっていたくてなみだがポタポタこぼれたよ
かささずにどこにこう 場所ばしょなくした視線しせん空向そらむくと
あめはいっていたくてなみだがポタポタこぼれたよ

あめよこのままぼくながしてくれ 地下ちか排水溝抜はいすいこうぬけてうみほうまでとどくまで
あめよこのままぼくながしてくれ 地下ちか排水溝抜はいすいこうぬけてうみほうまでとどくまで

空気くうきがじめつき鉛色なまりいろそら ドープな雰囲気ふんいきたまにあるぜ
そうぼくこころ時々晴ときどきは時々曇ときどきくもりで 時々雨ときどきあめ
理由りゆういたってシンプルなのか あのえないそれだけなのか
あのえれば心晴こころはれるかい 一概いちがいえないそれでは何故なぜ
理由りゆういたってシンプルではない 分厚ぶあつかってどんよりれない
矛盾むじゅんがこののそのものならば ぼくらも矛盾むじゅんのそのものなのさ
坂道登さかみちのぼってまち見下みおろせば あめでアスファルトにじんでひか
かさしてあめたれてもこころなかあめとどかない

あめよこのままぼくながしてくれ 地下ちか排水溝抜はいすいこうぬけてうみほうまでとどくまで
あめよこのままぼくながしてくれ 地下ちか排水溝抜はいすいこうぬけてうみほうまでとどくまで

まどにもたれて背中せなかかんじる あめ感触かんしょく今日きょうつめたく
孤独こどくえが1ワンKの部屋へやつめたくなったコーヒーをんだ
部屋へやこえたあめおと 場所ばしょなくし不機嫌ふきげんそらいろ
いつに心細こころぼそくてすべてがむなしくおもえたよ

あめよこのままぼくながしてくれ 地下ちか排水溝抜はいすいこうぬけてうみほうまでとどくまで
あめよこのままぼくながしてくれ 地下ちか排水溝抜はいすいこうぬけてうみほうまでとどくまで

あめよこのままぼくながしてくれ 地下ちか排水溝抜はいすいこうぬけてうみほうまでとどくまで
あめがあがればにじかるんだって それをしんじていまきていたいんだよ