1. 傘としずく歌詞

「傘としずく」の歌詞 MEG

2008/9/26 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
きえてしまう、きえてしまう。
しずかにそとを、あめがやむのを みてた。
かさごしのそらは さっきまで
れてたはずの灰色はいいろのかけら。

ここにあったもの、たしかに。
あなたのそばで あたしはていた。
ねぇ神様かみさまあめきやむなら
あふれるなみだしてちょうだい。

かならにいれたいものに 間違まちがいはないのに
どうしてあんなかたをしたんだろう。
二人ふたりであるく みずたまりの道路どうろ
とてもこわれやすくて
しずくが、おとをたててはじけた。

このみちがずっと わらなかったらいい。
こえになりきれないことが
からだのなかに あふれているわ。
この一歩いっぽも さよならの時間じかんちかづくものなら
一度いちどきりのおねがいをきいて!

きえてしまう、きえてしまう。
しずかにそとを、あめがやむのを みてた。
かさごしのそらは さっきまで
れてたはずの灰色はいいろのかけら。

ここにあったもの、たしかに。
あなたのそばで あたしはていた。
ねぇ神様かみさまあめきやむなら
あふれるなみだしてちょうだい。

とまらないなみだは、
あなたがのこした こいのかたちにひかった。

きえてしまう、きえてしまう。
しずかにそとを、あめがやむのを みてた。
かさごしのそらは さっきまで
れてたはずの灰色はいいろのかけら。

ここにあったもの、たしかに。
あなたのそばで あたしはていた。
ねぇ神様かみさまあめきやむなら
あふれるなみだしてちょうだい。