「いつも二人で」の歌詞 MEGARYU

2007/7/11 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
えらそうにおまえまえでは自分じぶん実際じっさいよりもでかくかたっている
その姿すがたまるで HEROヒーロー だな なんて本当ほんとう自分じぶんおおきさわらっている
でもそんなありふれたおとこいだくこのぐな気持きもちだけは
かってるかな?不恰好ぶかっこうだが 等身大とうしんだいのままつたえている

いつも二人ふたりなにきても 一緒いっしょにすべてを かち
いつも二人ふたりたがいのことを 一生いっしょうかけても かりいたい
はしゃいでわらっている日々ひび涙流なみだながねむれないよる
わらがお がお どんなとき全部ぜんぶ おなじように

なにもなくてお洒落しゃれでもないこの部屋へやにもしもきみ
いてくれたらどんな日々ひびおとずれてるだろう
つかててかえったときもきみえばいやされる
うれしいことあったそのともわらえる
家族思かぞくおも素直すなおさとか まなべることたくさんある
頑張がんばけずぎら刺激受しげきうけることできる
こんなふう未来みらいかんがえるのははじめて
尊敬そんけい大切たいせつにしたいけっしてはなしたくないひと

いつも二人ふたりなにきても 一緒いっしょにすべてを かち
いつも二人ふたりたがいのことを 一生いっしょうかけても かりいたい
はしゃいでわらっている日々ひび涙流なみだながねむれないよる
わらがお がお どんなとき全部ぜんぶ おなじように

じつはおまえつたえたい言葉ことばはダムのようにおれなかまってあふれるくらいある
ドラマや映画えいがみたいにはうまくかず またいつもの冗談じょうだんかってながされてしまう
てる部分ぶぶんもあっておれいものっていて
らないうちに初恋はつこいみたいに夢中むちゅうになっていた
よわってるときだって だれよりもそばに
そしてかけがえのないひとになっていった
これからどれだけあさをともに目覚めざめ どれだけの言葉ことばわすのだろう
たまにはまわりからたらわらっちゃうようなちいさいことで喧嘩けんかもするだろう
おなじことで感動かんどうしたい おな光景こうけいたい
おな音楽おんがくいたり おなじテーブルで食事しょくじしたり
このさきかぎりあるときおな歩幅ほはばあゆみたい
いつも二人ふたりなにきても 一緒いっしょにすべてを かち
いつも二人ふたりたがいのことを 一生いっしょうかけても かりたい
あらたな二人ふたり世界せかいつくりたい おもいやりの気持きもちをずっとわすれずに

いつも二人ふたりなにきても 一緒いっしょにすべてを かち
いつも二人ふたりたがいのことを 一生いっしょうかけても かりいたい
よろこみしめるときつらさにけそうになるとき
わらがお がお どんなとき全部ぜんぶ おなじように
わらごえ ごえ どこにても 全部ぜんぶ とどくように