「夜空に咲く花」の歌詞 MEGARYU

2005/7/13 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
大切たいせつきみといた あのなつよるいまわすれられないおも
来年らいねんいまごろもまた おなそらした片寄かたよせる姿思すがたおもかべてた

いつまでもいつまでもおななつ空見上そらみあげたい そこにはあざやかに花火はなび
まるで二人ふたりだけらすひかり ひとだかりのなかはぐれないようにしっかりつな
このひとときがFOREVERフォーエバー つづけばなんてかんじていた

ひまわりのはなひらくころに デートにきみさそったよるから
なんとなく毎日まいにちあかるくなった事覚ことおぼえてる
ただいたくて そばにいたくて ほかなにもいらなくて
もうすぐえる きなくす そんな気持きもちにさせるから

いつまでもいつまでもおななつ空見上そらみあげたい そこにはあざやかに花火はなび
まるで二人ふたりだけらすひかり ひとだかりのなかはぐれないようにしっかりつな
このひとときがFOREVERフォーエバー つづけばなんてかんじていた

もうそろそろ西にしそらがオレンジいろからあおまろうとしている
なつかおただうこのまちはいつもよりにぎわってる 時折遠ときおとおくでひびおとほうへと、さぁかおう
随分前ずいぶんまえから今年ことし一緒いっしょようって約束叶やくそくかなえよう
着慣きなれない浴衣姿ゆかたすがたちょっとずかしそうな仕草しぐさ
なんでもないフリしながら心奪こころうばわれていた こっからのながめやっぱ最高さいこうこの場所ばしょたい来年らいねん
一番近いちばんちかくでとれていたいうれしそうな横顔よこがお

いつまでもいつまでもおななつ空見上そらみあげたい そこにはあざやかに花火はなび
まるで二人ふたりだけらすひかり ひとだかりのなかはぐれないようにしっかりつな
このひとときがFOREVERフォーエバー つづけばなんてかんじていた

こころときめかせた季節きせつがあったことをこのさき何度なんどかえるのかも
ただいまあるすべてをむねきつけよう けっしてうすえぬようにと
大切たいせつきみといた あのなつよるいまわすれられないおも
来年らいねんいまごろもまた おなそらした片寄かたよせる姿思すがたおもかべてた

いつまでもいつまでもおななつ空見上そらみあげたい そこにはあざやかに花火はなび
まるで二人ふたりだけらすひかり ひとだかりのなかはぐれないようにしっかりつな
このひとときがFOREVERフォーエバー つづけばなんてかんじていた

いつまでもいつまでもおななつ空見上そらみあげたい そこにはあざやかに花火はなび
まるで二人ふたりだけらすひかり ひとだかりのなかはぐれないようにしっかりつな
このひとときがFOREVERフォーエバー つづけばなんてかんじていた