1. ROOTS歌詞

「ROOTS」の歌詞 MEGARYU

2007/3/28 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
どれくらいつだろうあれから 最後さいごかえごしたから
走馬灯そうまとうようかびがる日々ひび いろあせないでいまのこ

だれにもある自分じぶんだけにとってのなつかしい風景ふうけい
ふとたことあるような場所ばしょ一人ひとりたたずんで
とおをして もどせない 時間じかんながかんじながら
わすれそうだった まれそだった あのまちかおおも

なつになるとにぎやかなせみ ったかわなが
やまおしえる季節きせつわり おだやかなときなか
夜空よぞら見上みあげてばせば とどきそうなほしかぞ
なんでもねがかないそうな そんな瞬間しゅんかんがあったはず
たりまえまわりに いつもあった見慣みなれていたもの
今思いまおもうとその素晴すばらしさが心揺こころゆらす

だれにもある自分じぶんだけにとってのなつかしい風景ふうけい
ふとたことあるような場所ばしょ一人ひとりたたずんで
とおをして もどせない 時間じかんながかんじながら
わすれそうだった まれそだった あのまちかおおも

むかしはその故郷こきょう言葉ことば こころのどっかでずかしくおもった
でもいつかあらためてくとあたたかくみみひびくものさ
らした町出会まちであった人達ひとたちはぐくまれたものがある
どれもけることなくすべての歯車はぐるまっていまがある
あのつちにおかわいたアスファルトとはちが心落こころお
ひととすれちがえば笑顔えがお挨拶あいさつ そんなときなかもどりたくなる

だれにもある自分じぶんだけにとってのなつかしい風景ふうけい
ふとたことあるような場所ばしょ一人ひとりたたずんで
とおをして もどせない 時間じかんながかんじながら
わすれそうだった まれそだった あのまちかおおも

あのころとはまったちが自分じぶんまっていても
あのころとは姿すがたちがまちになったとしても
わらないそこにROOTSルーツがあって まっすぐなこころのままで
少年少女しょうねんしょうじょだった時代じだいいまうつ

だれにもある自分じぶんだけにとってのなつかしい風景ふうけい
ふとたことあるような場所ばしょ一人ひとりたたずんで
とおをして もどせない 時間じかんながかんじながら
わすれそうだった まれそだった あのまちかおおも

だれにもある自分じぶんだけにとってのなつかしい風景ふうけい
ふとたことあるような場所ばしょ一人ひとりたたずんで
とおをして もどせない 時間じかんながかんじながら
わすれそうだった まれそだった あのまちかおおも