1. hydropathy歌詞

「hydropathy」の歌詞 MIHO

2001/3/14 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
からっぽのココロで
なににでもなれるの?
めぐ不安ふあん
あいまいにかく
そらいろみたいに うつくしく
えたりして。
ゆめ現実げんじつのように
ただよう。
まえることさえ
おもいつかないから
れるそらにら
みちいまひとり。
こんなにかわくのは
まもれなかった
よわさのせい。
わたしはどのあたりへ
てるの?
そっとみずなか
ふかしずんでく。
ひどくからみつく
やみ湿しめらせながら。
すべてカタチあるものは
かされて
カラダやぶなが
「わたし」がえるまで。

そこから見上みあげると
いそがしい毎日まいにち
ありふれた言葉ことばじゃ
いやされはしない。
かんじなくなるなら
からっぽのまま
きているよ。
現実げんじつゆめのように
彷徨さまよう。
れたいきをして
ずっとおよいでる。
昔聞むかしきこえてたうた
リズムわせて。
もっとかぎりなく
ひろくつながって
ときながえてゆく
一瞬いっしゅん」がしいから。
すべてカタチあるものは
かされて
カラダやぶなが
「わたし」がえるまで。

いつも たしかに
ココに るもの
つよく やさしく
あいせますように。
今朝けさ青空あおぞら
とてもいたいよ。」
何故なぜか あなたに
ただつたえにく。