「ランプ」の歌詞 MIMITTO

2010/3/3 リリース
作詞
MICCI,宮下ボッサム治人
作曲
宮下ボッサム治人
文字サイズ
よみがな
hidden
ゆきづまることらぬ ひろまちにうもれた
テレビもついてない部屋へやにひとりきり

まよいもかべもない むなしさなどえない
少年しょうねんには無限むげん幾何学きかがく地平ちへい

あの日想像ひそうぞうしてた未来みらい目眩めくるめはやさですすんでゆくよ
ひとかなしみもいつかはかんじなくなるのかな

季節きせつうつわるようにぼくこころ
すこしずつまちかぜいろづいてく

薄明うすあかりのランプのしたはじおと
この雑踏ざっとうなかへもかすかにこぼれた

あの日想像ひそうぞうしてた未来みらい目眩めくるめはやさですすんでゆくよ
ひかりとかげまたたきを またかえしながら

まちすみ年老としおいた肩寄かたよ過去ときをわかちあう景色けしき
ぼくこころにふうっとひかりけてくれた

少年しょうねんえがいていた未来みらいてたもんじゃなかったんだ
みずかはな言葉ことばかがやかせてるかぎりは

ぼくきる世界せかいはゆらゆら意味いみさがしうごめくんだ
そして明日あしたぼく自分じぶんみち らしてく