「悠久想春歌」の歌詞 MOSAIC.WAV

2011/3/9 リリース
作詞
伊吹洋平,手塚歩,MOSAIC.WAV
作曲
伊吹洋平,手塚歩,MOSAIC.WAV
文字サイズ
よみがな
hidden
想春そうしゅんほこるメロディ
てんとの狭間はざまへとはし
想春そうしゅんほこるメロディ

広大こうだい砂漠さばくをラクダをいて
一人ひとりおとこつたいた
はうるわしはる西方せいほう
かわいた大地だいちをゆるがす律動りつどう

やがてあまねく大陸たいりくひびわた
ひとめぐみをもたらして
まちかがやきをした

想春そうしゅんほこるメロディ
四分しぶ一度いちど太鼓たいこ
情熱じょうねつをつむぎだすリズム
あでやかな付点ふてん打鍵だけん

想春そうしゅんほこるメロディ
歌姫うたひめ壇上だんじょういろど
まちさわぎになじめぬもの
一人ひとりしずかにみみかたむけた

時代じだいはそのおとこゆだねられ
まわりのだれもが真似まねをした
いとしさせつなさきしめながら
おもいをつのらせあいえばいいと

“ありふれたもの”と賢者けんじゃわらいながら
みんな時代遅じだいおくれと
そしてわすれていった

想春そうしゅんほこるメロディ
まちさわぎがまるでうそのよう
情熱じょうねつをつむぎだすリズム
てるまで自制じせいはきかない

想春そうしゅんほこるメロディ
りるはきにひとしく
自由じゆうもとたびひと
おとこ行方ゆくえあんずるものはわずか

じゅう余年よねんふゆぎまたはるがくる
本気ほんきあいしたものたちがふたたはなかせる

そしてまたかえくメロディ
子供こどもたちがかがやかせ
そしてまた流行はやりだすリズム
まぶしくてわたしをそむける

悠久ゆうきゅうほこるメロディ
なつかしむもの はじめてもの
あの日々ひびはただすな
かたちだけがただのこ

あのときのひずみと反動はんどう
らないことはつみでなくとも
おなにくしみかえすのなら
ってほしいあのおとこ

悠久ゆうきゅうほこるメロディ…