「光」の歌詞 May'n

2012/5/9 リリース
作詞
真名杏樹
作曲
田中秀典
文字サイズ
よみがな
hidden
太陽たいようせる まるで別離わかれかくすみたいに
のこされたおものカケラあつめて えるあさ
僕等ぼくらちか今日きょうという無駄むだにせず
いてくとともねがたましいには限界げんかいなどいはずさ

もっといてもわらっても かんつづけるんだ
こころてそうなぼくきみ
いたりわらったりしながらづいた やっと
むね絶望ぜつぼうひかりになるまで
何度なんどだって もう一度いちど

たりまえにおもえた まえひろがる けがれなきそら
そう あのころ傲慢ごうまん無邪気むじゃきだった やむほどに
僕等ぼくらうごためはじめたやりかた
間違まちがってても両手りょうてのばす
まだもない可能性かのうせいびながら

もっといてもわらっても もとつづけるんだ
えないいたくけれど
いたりわらったり 出来できなくなる そのまえ
かおげよう あたらしいあさおとずれを
よろこえますように

明日あすせば 風景けしきいしになり
自分じぶんだれかもわすれるから
いてもわらっても かんつづけるんだ
こころてそうなあの
いたりわらったりしながら今日きょうきるよ
むね絶望ぜつぼうひかりになるまで
何度なんどだって 最初さいしょから…