「蒼い月影」の歌詞 Misia

2014/4/2 リリース
作詞
MISIA
作曲
Geila Zilkha,MARIE
文字サイズ
よみがな
hidden
真冬まふゆそらをかけていく かわいたかぜによく
あなたのやさしいこえきたくなる しろよる

だって けば いまもそこに わらぬ 景色けしきあるようで
ゆめ現実げんじつ それともまぼろしか まるで こわれた時計とけいみたいだよね

くだった ねがいなのになお かがやいて
まるで うつくしい おもえてしまうの
ガラスみたいね ひろあつめた欠片かけら
らず らずに こころきずつけて

黄昏たそがれうみかぶ 時間じかんめた月影つきかげ
雲間くもまかくしたねがよいやみさがした 星屑ほしくず

自分じぶんなみだられて 大事だいじひとかなしみに
づけぬような よわさなどいらない 時計とけいはりを このうごかしてく

きずつくことに れてしまいたくない
もろくはかなゆめこわしたとしても
あお月影つきかげ すべあばいてしまえ
よるのくちづけ 孤独こどくつけたゆめ

きずつくことを おそれてしまいたくない
きるつよさを あいしてゆくつよさを
ったあとのこるものに いつしか
ほんのすこしの真実しんじつえるまで