1. 裸足の季節歌詞

「裸足の季節」の歌詞 Misia

2008/1/9 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
裸足はだし季節きせつ あなたと2人ふたり ねえ
海辺うみべ寝転ねころくちづけをわしましょう

だれもいないうみわたしれてって
このままねむらず 夜明よあまえに ここをるの

あたらしいかぜけて 朝日あさひびたなら きっと
まれわってく そんな時間じかんるでしょう 一緒いっしょこう ねえ

素顔すがおのままで わらう そんなときいとしいから

裸足はだし季節きせつ あなたと2人ふたり ねえ
海辺うみべ寝転ねころくちづけをわしましょう
裸足はだしのままで したなら ねえ
夕陽沈ゆうひしずむまで てしないゆめかたろう

ここから うみくなら 1時間半いちじかんはんくらいかかる
すことおいけど あなたとなら うれしいわ

わたしみぎがって あなたがひだりっても
またおなみちもどれる そんながする どんなときでも

さがつづける宝物たからもの それがきっとおなじで

裸足はだし季節きせつ あなたと2人ふたり ねえ
海辺うみべ寝転ねころてしないゆめ
素直すなおなままで わらえたなら ねえ
星空ほしぞらしたくちづけをわしましょう

なか うつ景色けしきこるすべてが
このなつおもす そのとき みちしるべに なるよ きっと

裸足はだし季節きせつ あなたと2人ふたり ねえ
海辺うみべ寝転ねころてしないゆめ
素直すなおなままで わらえたなら ねえ
星空ほしぞらしたくちづけをわしましょう