「ゆりかごのある丘から」の歌詞 Mr.Children

1996/6/24 リリース
作詞
桜井和寿
作曲
桜井和寿
文字サイズ
よみがな
hidden
草原そうげんにはやさしいかぜいていて
草花達くさばなたち一日中いちにちじゅうワルツをおどってた
鳥達とりたち賛美歌さんびかをミツバチがはこんできて
それがぼくらの耳元みみもとってた

ゆりかごがそこにはいつもいて
腰掛こしかけたきみれるかみでるたび
やわらかなかおりがぼくつつ
おもわずぼくはそのかみにキスをする

いつもここでわせて
きみつくったランチをべてたっけ……

でもぼく戦場せんじょうっているそのあいだ
きみ大人おとなになってしまっていて
あの約束やくそくたよりに びてもどったのに
きみはもうちがだれかのうでなか
そしてぼく一人ひとり

草原そうげんはあののままのやさしさで
くたびれて戸惑とまどぼくをそっとつつ
あらそいにはったけど大事だいじものくして
一体僕いったいぼくなにをしていたのだろう

ぼくのかたあたまのせた
きみ写真しゃしんゆりかごにいて

一度いちどだけきみがくれた 手紙てがみかえしたら
気付きづけなかったさびしさがってきて
ごめんねとつぶやいても もうどうなるわけでもなく
せつなさがギュッとむねをしめつける
Ahアー ぼく戦場せんじょうっているそのあいだ
きみはもうちがだれかのうでなか
そしてぼく一人ひとり