1. 思春期の夏 ~君との恋が今も牧場に~歌詞

「思春期の夏 ~君との恋が今も牧場に~」の歌詞 Mr.Children

1992/12/1 リリース
作詞
桜井和寿,小林武史
作曲
鈴木英哉,小林武史
文字サイズ
よみがな
hidden
ひるよるつづけてた 思春期ししゅんきなつ
あの牧場まきばにある ベンチにいつもこしかけて
自転車じてんしゃって つゆくさをかきわけて
きみをずっと ながめていた

まれてはじめてだれかを きになったのに
どうしていいのかわからずに またれる

明日あしたになればきっと Ahアー きみのもとにとどくように

きみかみらされて いろわるね
それはこの一番いちばんすてきな景色けしき
あおそらは どこまでもつづいてゆくけれど
未来みらいだけ えずにいた

きみ野原のはらびかう トンボをていた
どうしていいのかわからずに またれる

明日あしたになればきっと Ahアー こい果実かじつ みのるように

8ミリフィルムのような おものスクリーン
モノクロームのぼくがいる
きみとのこいいま牧場まきば

明日あしたになればきっと Ahアー こい果実かじつ みのるように