「旅立ちの唄」の歌詞 Mr.Children

2007/10/31 リリース
作詞
Kazutoshi Sakurai
作曲
Kazutoshi Sakurai
文字サイズ
よみがな
hidden
こわがらないで。
手当てあたり次第しだいあかけなくても
いつか 一人ひとりぼっちのよるけていくよ
ころんだは はるかとおくにかんじていた景色けしき
がってよくると なんか辿たどけそうじゃん

きみ大好だいすきだったうた まちながれる
それは偶然ぐうぜんぼくにくれた さりげないおくもの

Ahアー 旅立たびだちのうた
さぁ どこへこう? また どこかで出会であえるね Ahアー
とりあえず「さようなら」
自分じぶんだれからなくなるとききみかたりかけるよ
でも もしこえていたって返事へんじはいらないから…

大切たいせつなものをくして またれて
そんなかえしのようで その度新たびあたらしくて
「もうこれ以上いじょう 涙流なみだながしたりわらいあったりできない」とってたって
やっぱり人恋ひとこいしくて

いま大好だいすきだって躊躇ちゅうちょなどしないでえる
そんなふう日々ひびきざんでいこう
どんな場所ばしょにいても

Ahアー はじまりをいわうた最後さいごうた
ぼく今手いまてるよ Ahアー
かなしみにさようなら
つかててあしまるとき すこしだけかえってよ
とどかない場所ばしょ背中せなかしてるから

Ahアー 旅立たびだちのうた
さぁ どこへこう? また どこかで出会であえるね Ahアー
とりあえず「さようなら」
自分じぶんだれわすれそうなとき
ぼんやりおもしてよ
ほら ぼく体中からだじゅう 笑顔えがおきみがいるから
背中せなかしてるから
でも返事へんじはいらないから