1. 1999年、夏、沖縄歌詞

「1999年、夏、沖縄」の歌詞 Mr.Children

2000/8/9 リリース
作詞
KAZUTOSHI SAKURAI
作曲
KAZUTOSHI SAKURAI
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくはじめて沖縄おきなわにいったとき なんとなく物悲ものがなしくおもえたのは
それがまるで日本にほん縮図しゅくずであるかのように アメリカにかこまれていたからです

とはいえ94年きゅうじゅうよねんなつ沖縄おきなわTティーシャツがからだにへばりつくようなあつさで
憂鬱ゆううつなことは全部夜ぜんぶよるうみてて 適当てきとう三発さんぱつこいもしました
ミンミン ミンミンとせみいていたのは 歓喜かんきうたかそれともなげきのブルースか
もはやるすべはないがあのせみこえたような わらいのうたかなぼくらはすす

いろんなまちあるき いろんなひと出会であくちにしたさようならはかずしれず
そして今想いまおもうことは 大胆だいたんにもおもうことは
あぁ もっともっとだれかをあいしたい

さけあじおぼはじめてからは いろんなモノをあるきもしました
そして世界一せかいいちのおさけつけました それは必死ひっしはたらいたあとさけです
戦後せんご日本にほんささえたもの正体しょうたいなんとなくけてえるこのごろ
平和へいわとは自由じゆうとはなに国家こっかとは家族かぞくとはなにがらにもなくかんがえたりもしています

まれた場所ばしょはなゆめからもとおくそれて あぁぼくはどこへ辿たどくのだろう
今日きょう電車でんしゃられ 車窓しゃそううつかお
そうほんのちょっとくたびれているけれど

かみ我等われらすくたまうのでしょうか それとも科学かがくがそれにわるのでしょうか
永遠えいえんでありたいとおもうのは野暮やぼでしょうか 全能ぜんのうでありたいとねがうのはエゴでしょうか

ときながれははやく もう三十さんじゅうなのだけれど あぁぼくなにのこせるとうのだろう
わっていったモノと いまわらぬモノが
あぁ くもわるくもいっぱいあるけれど

そして99年夏きゅうじゅうきゅうねんなつ沖縄おきなわりあえずぼくらのたびもまたわり
あいするひとたちと あいしてくれたひとたちと 世界一せかいいちさけわしたのです

最後さいごきょくわり おとがなりんだとき あぁぼくはそこでなにおもったのだろう
えらんだみちとはいえ ときけわしくもあり
些細ささいことぼくらはわら

いろんなまちあるき いろんなひと出会であう これからだってそれはそうなんだけど
そして今想いまおもうことは たったひとおもうことは
あぁ いつかまたこのまちうたいたい
あぁ きっとまたあのまちでもうたいたい
あぁ そしてきみにこのうたかせたい