「Worlds end」の歌詞 Mr.Children

2005/9/21 リリース
作詞
Kazutoshi Sakurai
作曲
Kazutoshi Sakurai
文字サイズ
よみがな
hidden
ゆっくり
旋回せんかいしてきた
大型おおがた旅客機りょかっき
ぼくらの真上まうえ得意気とくいげ
太陽たいようおおかぶさった その分厚ぶあつくも
なんなくやぶってえる
まるでながぼしにするように ぼくらは見上みあげてた
おもおもいのねがいをそのつばさかさねて
なんしばられるでもなく ぼくらはどこへでもける そう
どんな世界せかいてへも ままにたびしてまわって...」
まりのかべまえ何度なんどかせてみる くも合間あいま
一筋ひとすじひかりんでくる映像えいぞうきみかべて
てるのにむねいたんでとっておいたケーキを 結局腐けっきょくくさらせててる
かってる 期限付きげんつきなんだろう 大抵たいていなんでも 永遠えいえんいてあきれる
ぼくらはきっとためされてる どれくらいのつよさで
明日あしたしんじていけるのかを... 多分たぶん そうだよ
んで すだけの 単純作業繰たんじゅんさぎょうくかえ自動販売機じどうはんばいきみたいに
このまちにボーっとって そこにあることでだれかが特別喜とくべつよろこぶでもない
でもぼくはなかりで きみ足下あしもとらしてみせるよ きっと きっと
だれ指図さしずするでもなく ぼくらはどこへでもける
そう どんな世界せかいてへも ままにたびしてまわって...」
暗闇くらやみつつまれたとき 何度なんどかせてみる
いまぼくはなかりが きみ足下あしもとらすよ なんにもしばられちゃいない だけどぼくつながっている どんな世界せかいてへも このたしかなおもいをれて