「紫陽花」の歌詞 Ms.OOJA

2013/3/6 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
一分一秒毎日いっぷんいちびょうまいにちは ドラマでたような 展開てんかいもなくて
ただただ 淡々たんたんぎていく まあ そんなものだよね

どこかでこえる 花火はなびおと
一瞬白いっしゅんしろくなる 夜空よぞら
おもす いつかの夏祭なつまつ

どんなにのぞんでも うまくいかないときもある
だけどさ ぬほど 頑張がんばれた自分じぶんがいる
それだけで充分じゅうぶんだよ

ボロボロつかれてきずついて それでもわらってバランスってる
消化出来しょうかできないストレスは また明日あしたしだ

なにこえない からっぽの部屋へや
まぎらわすだけの テレビ
わすれられた あの約束やくそく

どんなにあがいても ちのめされる ときもある
それでも 何度なんどがってきたんだから
そのきず勲章くんしょうだよ

かぞえきれないほど 失敗しっぱいして
後悔こうかいだってさ あるよ
そんなに自分じぶんめないでいいよ

どんなにさけんでも つたわらないときもある
くやしい おもいなら 何度なんどでもバネにして
えてきた日々ひびほころう

きずつききずつけ なみださえれるもある
それでもあなたが そこにいるそれだけで
それだけでタカラモノ それだけでタカラモノ