「ラビリンス」の歌詞 My Little Lover

2008/3/12 リリース
作詞
akko
作曲
Takeshi Kobayashi
文字サイズ
よみがな
hidden
まるで見知みしらぬまち一人ひとり 迷子まいごになり
ちいさな子供こどものようにきたくなって
にぎりしめてたはずのさがしてみる

いたところ目立めだってる いの上手じょうず物事ものごと
理想的りそうてきのようにえがかれたりしても

わたしわたしなかものがたりをむの
そのおもさを天秤てんびんにかけてあいはかるの?
ココロのラビリンス たどってめぐって
まっておもった 「なにあたえられるの?」

ゆめまれわりつづてないたび
その瞬間トキれる 気持きもちにって
ざされたままのそのドア けてみたら

ふるまどからこぼれてる つきかりが
世界せかいのふくらみをらし いつかとお見渡みわた空越そらこえて

こわがらないで すべてココロの仕業しわざだから
ものがたりをたどって かがみうつしてみる
だれより『あいしてる』その言葉ことばいま なんの意味いみたない
しずかにひかりって

ココロにかくれていた さがしてたものがたり

わたしわたしなか ものがたりをむよ
かなしみやよろこびが 今足元いまあしもとらすよ
その光強ひかりつよはじめからってた
わりのこうがわで いつもらしつづけながら