「永遠色の恋」の歌詞 NEWS

2008/11/19 リリース
作詞
m-takeshi
作曲
Stefan Aberg,Shusui
文字サイズ
よみがな
hidden
真冬まふゆそらした そのぼくうつ
ラストのバスがいま はしって

えないいとみちびかれて
二人ふたり出会であうためのみち
一歩いっぽずつ たどりつづけてたんだね

寒空さむぞら一瞬輝いっしゅんかがやいた 流星りゅうせいがくれたのは
はにかんだ 最高さいこう笑顔えがお
まばゆ二人ふたりつつむ 「永遠色とわいろこい

キラキラりる きみとのはじめてのゆき
一緒いっしょとれたフリして きみつめてた

今日きょうからはおなじこのみち
よろこびもかなしみもみな
ひとつずつ 二人ふたりめてこう

きみだけは 絶対離ぜったいはなさない いつまでも どこまでも
約束やくそく永遠えいえんえない季節とき二人ふたりたずねよう
寒空さむぞら一瞬輝いっしゅんかがやいた 流星りゅうせいがくれたのは
はにかんだ 最高さいこう笑顔えがお
このままねむることない 「永遠色とわいろこい

うすれてそらから 明日あした今日きょうまれわる
肩寄かたよ足並あしなそろあるいてこう

きみだけは 絶対離ぜったいはなさない いつまでも どこまでも
約束やくそく永遠えいえんえない季節とき二人ふたりたずねよう
寒空さむぞら一瞬輝いっしゅんかがやいた 流星りゅうせいがくれたのは
はにかんだ 最高さいこう笑顔えがお
こころきざまれていく 「永遠色とわいろこい