「わすれな草」の歌詞 NIGHTMARE

2006/6/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
きみぼくけて ほそよわこえで「もういいの」
「だってしょうがないの」 やみぼく
たった七日前なのかまえまでは 笑顔えがおきみがいて
「ねぇ どここうか?」
いつからかえた恋心こいごころ

ぼくかれつぎでいい』『さみしいときだけおう』
なんて カッコつけてたけど
一人ひとりこわくて

ただいとおしくときいまわしい
それがならぬこいだと りながら
かがみうつ表情かおかげ
つめていた

このまま どこまできみつづけるのだろう
なみだれて かすひかりぼくには イタくて
幾夜いくや幾夜いくやきみかげえないなら
わずかな記憶きおくさえもえてしまえば...

幾夜いくや身体からだ かさねてみても
きみおもいを ぼくえられず
こころ」のぼくないで
一人ひとりにしないで

このまま 何処どこまできみおもきるのだろう
こころくした「から」のむくろだれあいせない
このきみわるだれかなんていないから
つぎ出会であえるときがくるまで 『じゃあ...しあわせで...』

たとえばぼくんでも涙流なみだながしてくれますか?
これで本当ほんとうわりなんだね
わすれられないけれど

どれほどだった?
きみといた季節きせつ
れた冬色ふゆいろ景色けしきににじんでく
どうか どうかわすれないで
いつか月日つきひながれたとしても
永遠えいえん見守みまもるよ きみしあわせを
サヨナラ