「クロニクル」の歌詞 NIGHTMARE

2009/5/13 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
すべてがはじまるまえ 記憶きおく彼方かなた
身体からだかんじた かすかな鼓動こどう

ここからさきけば もうもどれない
まぶしいひかりつめたいかぜ

ああ、何故なぜだろう“まよいはい”そういうわけじゃない
ひとりじゃないならどんな障害しょうがいえられるとおもった

本当ほんとういまにもつぶされそうだよ ぼくつよくない
いつもおびえてふるえるぼく一筋ひとすじひかり勇気ゆうき

きずつけきずつけられ せつなさあふ
見失みうしなこわさをいつもかんじる

ああ、何度なんどおなじようなあやまちをおかした
自分じぶんよわさとおろかさにいて そうとおもったけど

あのときすべてをしていたら いまぼく
あらゆることが きっと必然ひつぜん 意味いみいものなどいさ

ああ、どうにかこの場所ばしょあるいてれたから
不安ふあん未来みらいにもひかりかんじる これからもずっと一緒いっしょ

もがいてももがいてもえない不安ふあんしてくれたきみ

そうきみにその昔教むかしおしえられたこと ぼくぼくでいい
しんじるという言葉ことば意味いみが わかったがするんだ

このさきもずっとつづいてくだろう ぼくらのストーリー
わすれたくないおもいをいてうよ
ぼく世界せかいすべてに「アリガトウ」を