「シアン」の歌詞 NIGHTMARE

2006/2/22 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
いつから見失みうしない いつまでつづくだろう
ただかえした おろかな戯言ざれごと
らぬくした るがないはずのゆめ
もうかえせぬ 時代じだいてられたいぬ

ふわりふわりよるかぞえた そこに意味いみもとめながら

きてくことのむなしさに 自分じぶんきざんだ
未来みらい現実げんじつもわからないまま 季節きせつながれた

いつかのゆめまぶしくわらっていた
もう無垢むくなあののようにわらえない
ふいにとおけた 枯葉混かれはまじりの冷気れいき
のこされた時間じかんみじかさに気付きづいた

ふわりふわりおちる粉雪こなゆき ぼくなにができるのか

そして出会であきみまぶしさに くもそら した
がれるほどとおはなれていくのはなぜ?

きみ出会であえた ただそれだけで
きてみたくおもえた 冷酷れいこくなほど
わらない距離きょり ガラスのうらこい
くもりだすそら かすみゆくきみ
またはじまる 意味いみゆがんだ日々ひびが…