「君といた季節」の歌詞 NIGHTMARE

2002/4/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ふゆおとずれもちか枯葉かれは並木道なみきみち
ちょうどあのときもこんな景色けしきうつってたような・・・
よみがえきみがいたあき よみがえ純真無垢じゅんしんむく過去かこ・・・

そしてあれから、ぼくひかりうしなった
きみかおさえも、かすんでおもせない
きみいかけず、気持きもころしたぼくへの
かみさばきなのか・・・

めぐ季節きせつぼくなにもとめ、なにうばうの?
空白くうはくとき戸惑とまどぼく
ゆきもる・・・

いまえない 最後さいごきみ残像ざんぞう
ぼくつめたあのふかいて
やみきれないぼくうつるものは
すすまないはり時計とけい・・・

めぐ季節きせつぼくなにもとめ、なにうばうの?
空白くうはくとき戸惑とまどぼく
ゆきまない

きみがいたはなやかな景色けしきれてあと
もう二度にどかないはなちか
「このつみ背負せおい いつまでもかえらぬきみしんじて・・・」